× 西 村 創 一 朗 × 藤 田 彩 月

お茶を通じ、自らの心を汲む

自分をもてなす茶瞑想のリズム

平日のはじまりとおわり。
自室から、ご近所の茶室にお呼ばれしてみませんか。
しつらえを自分好みに整えて、みんなでお茶を味わう。
忙しい毎日の中だからこそ、ただお茶を愉しむことを目的に集まる。
そんな一服の時間をすごすことで、
ふっと自分に向き合う余裕がたち現れるかもしれません。

お茶を通じ、自らの心を汲む

自分をもてなす茶瞑想のリズム

西村創一朗 × 藤田彩月 ×

週2日のリズム | 月曜日、金曜日 17:30〜18:00

茶瞑想

自分をもてなす茶瞑想のリズムで行うこと

お茶を淹れ、深く息をつく

週2日、月曜日と金曜日の夕方に仕事をひと段落させ、
遠く離れたご近所さんと、お茶を愉しみませんか。

ご近所の茶室へとお呼ばれされる。
そんな感覚で、遊びにきてください。

お気に入りの急須に新しく仕入れたお茶っ葉。
お湯をゆっくりと注ぎ、踊る茶葉を目で愉しむ。

香りや色を味わううちに、
仕事のことはだんだん頭から離れ、
ゆったりとした時間へ意識がなじんでいく。

深く息を吸い「ふーふー」と吹く。
少し冷ましたお茶を口に含むとお茶が体のなかを流れていく。
お茶の温度をたどりながら、今度は深く息を吐きだすと、自分の内に目が向いていく。

そんな一服の時間がこのおもてなし茶瞑想のリズムの特徴です。

自分をもてなす茶瞑想のリズムが目指すもの

お茶を通じ、自らの心を汲む

仕事で忙しくしているうちに、
ついつい「外」ばかりに目が向いてしまう。
そんなことはありませんか。

なにを感じているのか、なにを大切にしているのか。
意識していないと、見逃したり忘れてしまったり、
意外と容易く通り過ぎてしまうわたしの気持ち。

だからこそ、忙しい日常のなかでも
自らの心に向き合う時間をとりませんか。

目に映る茶葉の様子や、喉を伝うお茶の感覚を通じて、
いまの意識を自分の心へと寄せていく。

お茶の香りや甘みを確かめるように
わたし自身の感情や思考もゆっくりと味わってみましょう。

自分をもてなす茶瞑想のリズムに込めた願い

おもてなしが広がり、主客一体な社会に

まずはわたしをおもてなし、次は誰かをおもてなす。
おもてなしで心が満たされると、今度は誰かにおもてなしがしたくなる。
大げさなことじゃなく、小さな心遣いでいい。
おもてなしを受け取った誰かが、
また次の誰かをもてなしたくなるかもしれない。
広がっていくおもてなしのなかでは、みんなが主人にも客人にもなれる。
そうした先で、他者からのやさしさを待ち望むだけでなく、
共にやさしい社会をつくっていこうとする主客一体なつながりが生まれること。
それが私たちの願いです。

自分をもてなす茶瞑想のリズムの内容

平日のルーティンを中心に、毎月のリズム内でのダイアログやNesto全体のギャザリングなどがあります。
茶瞑想だけにとどまらない、出会いや気づきの機会があなたを待っています。

週2日のリズム

月曜日、金曜日 | 17:30〜18:00

ルーティン(茶瞑想)

週2日、夕方にホストがリードしながらみんなで茶瞑想をします。

毎月のリズム

第1金曜日 | 18:00〜19:00

ダイアログ

毎月第1金曜日の夜に、同じリズム内のネイバーズが集まり対話します。

毎月のリズム

第3金曜日 | 20:00〜21:30

ギャザリング

毎月第3金曜日の夜に、リズムの垣根を超えてホストやネイバーズが集まり対話します。

リズムの流れを詳しく知る

note記事で、自分をもてなす茶瞑想のリズムのルーティンをわかりやすく解説しています。

ルーティンかんたん解説

茶瞑想の流れ

自分をもてなす茶瞑想のリズム

note記事を読む

各リズムの体験は
こちらから申し込みいただけます

Peatixで申し込む

自分をもてなす茶瞑想のリズムのホスト

ホスト

西村創一朗

にしむら・そういちろう 株式会社HARE 代表取締役。『複業の教科書』(ディスカヴァー・トゥエンティワン刊)の著者。2011年に株式会社リクルートキャリアに入社後、複業で「二兎を追って二兎を得られる世の中を創る」をミッションに株式会社HARES(ヘアーズ)を創業。しばらくは会社員兼経営者として活動後、2017年に独立。19歳で学生結婚し、現在3児(中1/小4/年長)の父。NPO法人ファザーリング・ジャパンの最年少理事も務める。独立後、三度メンタルダウンに苦しんだ経験からウェルビーイングの大切さを痛感し、心身ともに整える習慣を持つように。茶瞑想はその中でも最も大切にしている習慣の一つ。

ホストが考えるこのリズムの魅力
お茶を淹れて、飲んで味わう。たった2つのプロセスの中に、静の時間と動の時間が折り重なって存在している。お湯を沸かす時間。湯呑にお茶を過ごす時間。お茶を飲む時間。動の時間に自分の外側に目を向ける。一方、急須にお湯を入れ、茶葉を蒸らす時間、お茶を一口含んで「はーー」と一息つく時間。静の時間で自分の内側に向き合う。静と動をゆるやかに行き来することで、自分を整える時間を、みなさんとともに過ごせる日を楽しみにしています。

ホスト

藤田彩月

ふじた・さつき 自然と文化の魅力に惹かれ20年、暮らしにカジュアルに取り入れることでそっと魅力を味わう。"心地よく、創造的に暮らす"を掲げるearthly inc.にて、holistic well-beingな仕組み/体験を探究、開発中。華道家元池坊免許取得。武蔵美術大学大学院造形構想研究科修士課程修了。

ホストが考えるこのリズムの魅力
お茶を飲むこと、味わうこと、意識の向け方で、その深さがまるで変わってきます。今日もおつかれさま、を毎日に。誰かのおもてなしに誘われ、自らをおもてなす、いつか誰かをおもてなす。あたたかい暮らしが流れていきますように。

お茶を通じ、自らの心を汲む

自分をもてなす茶瞑想のリズム

西村創一朗 × 藤田彩月 ×

ご入会いただくには、
まず説明会にご参加ください

Nesto説明会へ申し込む