× 荻 野 淳 也 × 染 谷 恭 子

体ぜんぶで、いまを楽しむ

JOY & RUNのリズム

仕事のこと。家族のこと。
毎日タスクをこなすのに精一杯で、
まわりの景色も、自分のことも、おろそかになっていませんか。
あわただしい日常から少しだけ距離を置き、
走ることを通して、いまとここをマインドフルに楽しむ。
そう、これはあなたの人生に「JOY」を育てるランニングです。

体ぜんぶで、いまを楽しむ

JOY & RUNのリズム

荻野淳也 × 染谷恭子 ×

毎週のリズム | 日曜日 6:10〜6:55

ランニング

JOY & RUNのリズムで行うこと

走りながら、気づきを増やす

このリズムは、ストイックに体を鍛えるためのランニングとは異なります。
それは、いつもの日常のなかで、新たな非日常に気づき、感じ取るランニング。
足裏の感覚、心拍数、呼吸といった自分の内側の感覚や、風の匂い、鳥のさえずりといったあなたの外側の環境など、毎週1つのテーマに絞り、そこに注意をそそぎながら走ります。
日曜の朝いちばん、意識を集中させ、新たな気づきに出会う「アウェアネス」の習慣をはじめてみませんか。

JOY & RUNのリズムのコンセプト

JOY & RUNのリズムが目指すもの

体ぜんぶで、いまを楽しむ

なによりこのリズムで大切にしたいことは、感覚を開き「いまここにいる自分」を思う存分楽しむこと。
自分の体の細部に気づく。季節のうつろいを体で感じる。
自分の細胞すべてを全開することで気づきが高まる喜び。
そんな野性を目覚めさせ、いつだってなににだって楽しめる「JOY」の力を育てましょう。

JOY & RUNのリズムに込めた願い

誰もが「JOY」に溢れる

喜びやワクワクに限りはありません。
奪いあうことなく、押しつけることなく、一人ひとりがワクワクを見つけるアンテナを増やし、互いの「JOY」を尊重しあえれば、全員が「JOY」にあふれた人生を送れるはず。
そんな世界に向かうことが、わたしたちの願いです。

JOY & RUNのリズムの内容

毎週のルーティンを中心に、毎月のリズム内でのダイアログやNesto全体のギャザリングなどがあります。
ランニングだけにとどまらない、出会いや気づきの機会があなたを待っています。

毎週のリズム

日曜日 | 6:10〜6:55

ルーティン(ランニング)

日曜の朝に、ホストがリードしながらランニングをします。雨の日は、屋内でみんなで体についての気づきを共有します。

毎月のリズム

第2月曜日 | 21:00〜22:00

ダイアログ

毎月第2月曜日の夜に、同じリズム内のネイバーズが集まり対話します。

毎月のリズム

第3金曜日 | 20:00〜21:30

ギャザリング

毎月第3金曜日の夜に、リズムの垣根を超えてホストやネイバーズが集まり対話します。

JOY & RUNのリズムのルーティンを知る

note記事で、リズムのルーティンをわかりやすく解説しています。

ルーティンかんたん解説

ランニングの流れ

JOY & RUNのリズム

note記事を読む

まずは気になるルーティンに
無料で参加してみましょう

Peatixで申し込む

JOY & RUNのリズムのホスト

ホスト

整える人、導く人、Joy of Soulの探究者

荻野淳也

おぎの・じゅんや マインドフルランニングをコンセプトにしたリトリート、ワークショップを企画、運営。100マイルトレイルランナー。合気道初段。山伏名:澄堅。Googleのマインドフルネスプログラム「Search Inside Yourself」認定講師。多摩大学大学院 MBA客員教授(科目:オーセンティックリーダーシップ)。世界にマインドフルネスを広めた国際カンファレンス「Wisdom2.0」の日本代表、マインドフルリーダーシップインスティテュート代表として、日本におけるマインドフルネスの社会実装、OS化を牽引中。”No Awareness, No Life.”

ホストが考えるこのリズムの魅力
走ることは、生きること、本質とつながること、野性の解放。JOY & RUNは、走りながら「JOY」を探究することで、自分本来の気づきの力を解き放ち、人生の変容を育んでいくリズム。走っても、歩いても、立ち止まってもいい。いまここのJOYとつながり続ける自分にアップグレードしましょう。

ホスト

プロデューサー、ライフコーチ

染谷恭子

そめや・きょうこ 大学で英語学と教育学を学び、教育に携わることを目指し社会経験のためコミュニケーションの会社に就職。そのまま32年間勤務し、想像力、創造力、対話力を培う。2019年独立。現在は、人・もの・地域のいいとこ探しを得意とする企画・プロデューサー、Gallup認定ストレングスコーチとして活動中。No Laughter, no life. No travel, no life.

ホストが考えるこのリズムの魅力
わたしにとってランの魅力は歩くよりほんの少し苦しいこと。苦しいから自分の体との対話がしやすい。苦しい…疲れてる?、楽に走れる…きょうは元気!など。それにランニングは、年齢や経験に関わらず続けていれば楽に長く走れるようになる。目に入る自然や街の変化にも視野も広がり「いま」の素晴らしさを感じられるのです。

体ぜんぶで、いまを楽しむ

JOY & RUNのリズム

荻野淳也 × 染谷恭子 ×

ご入会いただくには、
まず説明会にご参加ください

Nesto説明会へ申し込む