× 小 林 泰 紘 × 須 永 愛 美

菌とともに暮らす

ぬか床共発酵のリズム

我が家のぬか床。
あこがれはあるけど、面倒そう。
持ってはいるけど、ふだんはささっと混ぜるだけ。
そんな人は多いのではないでしょうか。

このリズムは、ぬか床のお手入れを
ささっと済ますタスクから、
菌とともに暮らしを楽しむ習慣へと変えます。

目には見えない菌たちと対話をし、
暮らしそのものを味わい深いものへと醸していきませんか。

菌とともに暮らす

ぬか床共発酵のリズム

小林泰紘 × 須永愛美 ×

週1回のリズム |

土曜日の朝(7:00〜7:30)と
火曜日の夜(20:00〜20:30)に、
交互に開催します

※7/3(土)からスタートし、7/6(火)、7/17(土)と交互に開催していきます

ぬか床手入れ

ぬか床共発酵のリズムで行うこと

菌の存在を感じながら、ぬか床の手入れを

目には見えないけれど、
ぬか床には、乳酸菌をはじめ無数の微生物たちが暮らしています。

このリズムのはじまりは、そんな菌たちへの挨拶から。
次に、手をいれた感触や温度、色合いを感じながら、
その時々のぬか床の状態を感じ取っていきます。

取り出したぬか漬けは菌たちへの感謝を味わいながら
おいしくいただきましょう。

みんなで集うのは、週に1回。
平日の夜か休日の朝に交互に集まります。

あなたの心も体も、菌の状態も毎回ちがうから、
いつだって新たな発見があるはずです。

ぬか床共発酵のリズムが目指すもの

菌とともに暮らす

必ずしも思いどおりにはいかないのが、ぬか床の魅力。

空気を入れ換えてあげたり、漬けるものを工夫したりはできますが、
微生物たちの生きた生態系であるぬか床自体は、
あまりに複雑で、コントロールすることはできず、
微生物たちとのダンスに委ねていくほかはありません。

ぬか床の微生物たちと触れ合い、
ぬか漬けを体内にいただくことを通じて、
この事実を体感し、
暮らしを味わい深いものへと醸していきましょう。

ぬか床共発酵のリズムに込めた願い

人ならざる存在と共に生きる

現代社会は、目に見えること、人の手でコントロールできることばかりに慣れてしまい、
見えないもの、わからないことを恐れたり、排除しがちではないでしょうか。

しかし、わたしたちの皮膚や体内には、実際たくさんのウイルスや細菌が共生していて、
彼らの存在なしでは生きていけません。

つまり、わたしたちの生命そのものが、
無数の生命と共に生き、互いに生かされているのです。

森が木だけで生きているわけではないように、
わたしたちも、人ならざる存在や目に見えない無数の生命と共に生きている。
そんな感覚を取り戻した人がひとりでも増えること。
それが私たちの願いです。

ぬか床共発酵のリズムの内容

毎週のルーティンを中心に、毎月のリズム内でのダイアログやNesto全体のギャザリングなどがあります。
ぬか床のお手入れだけにとどまらない、出会いや気づきの機会があなたを待っています。

週1回のリズム

土曜日の朝(7:00〜7:30)と火曜日の夜(20:00〜20:30)に、交互に開催します

ルーティン(ぬか床手入れ)

隔週で平日夜または休日朝の週1回、ホストがリードしながらみんなでぬか床のお手入れをします。

※7/3(土)からスタートし、7/6(火)、7/17(土)と交互に開催していきます

毎月のリズム

毎月ルーティン開催2回目の土曜日 | 7:30〜8:30

ダイアログ

毎月第3土曜日の朝に、同じリズム内のネイバーズが集まり対話します。

毎月のリズム

第3金曜日 | 20:00〜21:30

ギャザリング

毎月第3金曜日の夜に、リズムの垣根を超えてホストやネイバーズが集まり対話します。

リズムの流れを詳しく知る

note記事で、ぬか床共発酵のリズムのルーティンをわかりやすく解説しています。

ルーティンかんたん解説

ぬか床手入れの流れ

ぬか床共発酵のリズム

note記事を読む

各リズムの体験は
こちらから申し込みいただけます

Peatixで申し込む

ぬか床共発酵のリズムのホスト

ホスト

紡ぎ屋、カタリスト

小林泰紘

こばやし・やすひろ 世界28ヶ国を旅した後、個人の生きる感覚を起点とした事業創造支援に従事。その後独立し、現在は循環・再生型社会に向けた企業の未来ビジョンや事業づくりを伴奏する、カタリスト・共創ファシリテーターとして活動。娘の誕生と育休を機に、一人ひとりが自己内多様性や自然環境とのつながりを取り戻し、生きる喜びを社会に表現し続けていくための探究実践活動をはじめ、「Ecological Memes」を立ち上げる。座右の銘は「行雲流水」。趣味が高じて通訳案内士や漢方・薬膳の資格を持つ。株式会社BIOTOPE、共創パートナー。一般社団法人EcologicalMemes、代表理事。

ホストが考えるこのリズムの魅力
ぬか床をやっていると、手を入れた感触や匂いが毎日変化していて、微生物たちが生きているんだなぁと日々発見の連続です。普段ぬか床をやっている方も、これを機にはじめたいという方も、そうした目には見えない菌たちとのダンスを楽しみながら、日々の暮らしや自分自身の内面、生き物としての感覚を整えていくリズムをご一緒できたら嬉しいです。

ホスト

絵描き

須永愛美

すなが・あいみ 自分や誰か、何かのいのちの内側を描き出すことをテーマに、観る人の身体の奥に直接響く絵を描く。内側への探究心は絵の表現だけにおさまらず、コーチングやピラティスなど、心と身体そのものにも向き合い続けている。プロフェッショナルコーチ。ピラティス・解剖学勉強中。

ホストが考えるこのリズムの魅力
漬けたお野菜だけでなく、ぬか床そのものに目を向けたことはありますか? ぬか床の中にいる数え切れないほどの菌たちとその多様性を想像すると、まるで森の中に足を踏み入れたような気持ちになります。自分だけの小さな森へ、出かけてみましょう。

菌とともに暮らす

ぬか床共発酵のリズム

小林泰紘 × 須永愛美 ×

ご入会いただくには、
まず説明会にご参加ください

Nesto説明会へ申し込む