× 兼 松 佳 宏 × 奥 田 麻 依 子

静かな情熱が、わたしを癒やす

スタディ・リトリートのリズム

「情熱(studium)」が語源の「スタディ(study)」とは、内に秘めた情熱に火を灯すこと。
スタディ・リトリートのリズムでは、一人ひとりが情熱を傾けていることに思いっきり夢中になる、そのプロセスを楽しみます。
本を読む。ノートに向かって考えごとをする。文章を書くーー
こうした日々の勉強の積み重ねによって、自分の中の情熱に気づく習慣を取り入れましょう。

静かな情熱が、わたしを癒す

スタディ・リトリートのリズム

兼松佳宏 × 奥田麻依子 ×

週3日のリズム | 月曜日、水曜日、金曜日 5:30〜6:15

勉強

スタディ・リトリートのリズムで行うこと

勉強を通して情熱と出会う

「勉強」という言葉は、いつになってもむずかしく感じるもの。
しかし英語の「スタディ(study)」がラテン語の「情熱(studium)」に由来していることからもわかるように、本来はシンプルでとても大切なことなのです。
本の続きを読む。ノートに向かって考えごとをする。文章を書くーー
このような日常のささやかな行為を通して、クリエイティビティの源である自分の情熱と出会うことができます。
家の中でも外でもどこからでも。毎週月曜日、水曜日、金曜日の朝5時半からの45分間、ホストのガイドのもと、朝の勉強の習慣をはじめましょう。

スタディ・リトリートのリズムのコンセプト

スタディ・リトリートのリズムが目指すもの

静かな情熱が、わたしを癒やす

いまの自分を前進させるには、日々の中で少し背伸びをすることが大切。
そしてそれは他の誰かに強いられてするものではなく、いつも自分自身が行うものです。
今日という1日がはじまる静謐な時間に自分の情熱と向き合うことで、昨日まではそこになかった知識やアイデアが生まれる感覚が味わえることでしょう。
それらはきっといまのあなたの視野を広げ、心を開き、そしてあなたを癒やしてくれます。
スタディ・リトリートのリズムを行いながら、自分が内に秘めている可能性を最大限に発揮する力を身につけていきましょう。

スタディ・リトリートのリズムに込めた願い

世界とつながり、自らの使命を自覚する

今日、今週、今月、今年ーー
勉強の時間の積み重ねは「小さな自分」を変容させるだけではなく、世界とのつながりの中で生きる「大きな自分」を知るきっかけになります。
世界の中で、わたしといういのちがいかされている意味、あるいは引き受けようとしている使命のようなものとの出会いを楽しみましょう。
このリズムを通して、自らの生きる使命を自覚する人が増えることが私たちの願いです。

スタディ・リトリートのリズムの内容

週3日のルーティンを中心に、毎月のリズム内でのダイアログやNesto全体のギャザリングなどがあります。
勉強だけにとどまらない、出会いや気づきの機会があなたを待っています。

週3日のリズム

月曜日、水曜日、金曜日 | 5:30〜6:15

ルーティン(勉強)

毎週月曜日、水曜日、金曜日の朝に、ホストがリードしながらみんなで勉強をします。

毎月のリズム

第1日曜日 | 5:30〜6:30

ダイアログ

毎月第1日曜日に、同じリズム内のネイバーズが集まり対話します。

毎月のリズム

第3金曜日 | 20:00〜21:30

ギャザリング

毎月第3金曜日の夜に、リズムの垣根を超えてホストやネイバーズが集まり対話します。

スタディ・リトリートのリズムのルーティンを知る

note記事で、リズムのルーティンをわかりやすく解説しています。

ルーティンかんたん解説

勉強の流れ

スタディ・リトリートのリズム

note記事を読む

まずは気になるルーティンに
無料で参加してみましょう

Peatixで申し込む

スタディ・リトリートのリズムのホスト

ホスト

勉強家、沙門(見習い)

兼松佳宏

かねまつ・よしひろ 1979年生まれ。2006年、ウェブマガジン「greenz.jp」の立ち上げに関わり、10年から15年まで編集長。16年より京都精華大学特任教員として、ソーシャルデザイン教育のためのプログラム開発を手がけた後、21年より「グリーンズの学校」編集長。著書に『beの肩書き』『ソーシャルデザイン』、連載に「空海とソーシャルデザイン」など。秋田出身、長野在住。

ホストが考えるこのリズムの魅力
勉強とは、自らに無茶振りすることであり、未知の世界を観察することであり、それは同時に、創造性の源泉と結ばれる癒やしの時間であり、その限りない源泉から、一人ひとりの「道」が、たしかな情熱の宛先が、自ずと立ち上がってくる気づきの時間でもあります。小学生の子どもがいる僕にとって、お弁当をつくったりする前の早朝は、この世界全体とまっさらに融け合えるゴールデンタイム。みなさんの静かな情熱とともに、いい一日のはじまりをわかち合えるとうれしいです。

ホスト

勉強家(見習い)

奥田麻依子

おくだ・まいこ 岡山出身、島根在住。子どもも大人も多様な関わりの中でその人らしく学べる環境をつくっていきたいという思いで、学校と地域をつなぐコーディネーター、新しい学校づくり、中学校教員、行政職員、中間支援組織などいろいろな形で学びづくりに携わってきた。兼松さんのアイデアに触発され、島根でも「スタディホール」(ひとりでも複数人でも勉強できる空間)を試行。

ホストが考えるこのリズムの魅力
わたしも勉強したいと思いながら、なかなか時間をかけられていないことが、いくつかあります。一緒に勉強する誰かの姿に励まされながら、気づきを誰かに共有しながら、やりたかった勉強が前に進んでいく。そんなリズムにしたいです。勉強を通して、内なる情熱に心を傾ける時間をもつことで、本来の自分に気づき、それぞれが自分にとって必要な「カリキュラム」をつくれるようになったらいいなと思っています。

静かな情熱が、わたしを癒やす

スタディ・リトリートのリズム

兼松佳宏 × 奥田麻依子 ×

ご入会いただくには、
まず説明会にご参加ください

Nesto説明会へ申し込む