× ヤ マ グ チ ヒ ロ × 鈴 木 理 恵 子

自愛を日常化する

つくり贈る常備菜のリズム

無理していませんか、我慢していませんか。
忙しい日常のなか、わたしたちは自分自身を後回しにしがちです。
たまにはわたしを大切にする時間をもちませんか。
今週も健やかに過ごすための自分への贈りものとして、今日のわたしが明日からのわたしへ食事をつくる。
そうした時間をもつことで、
自分を大切にする「自愛」を日々の当たり前にしていきましょう。

自愛を日常化する

つくり贈る常備菜のリズム

ヤマグチヒロ × 鈴木理恵子 ×

毎週のリズム | 日曜日 17:00〜17:40

常備菜づくり

つくり贈る常備菜のリズムで行うこと

わたしをいたわる食事をつくる

忙しい1週間をくり返していると、
わたしたちは自分をおざなりにすることに慣れてしまいます。
だから今週がはじまる日曜日に、自分をいたわる時間をもちませんか。

いまの自分に意識を向け、食材を選ぶ。
体の声に耳をすませながら、味付けを決める。

明日からの1週間、わたしが心身ともに健康でありますように。
やらなきゃいけないことも、やりたいことにも
前向きにとりくめますように。

つくり贈る常備菜のリズムでは、
明日のわたしに向けて、常備菜をつくります。

つくり贈る常備菜のリズムが目指すもの

自愛を日常にする

わたしは、わたしにとって、もっとも身近で、大切な人。
だから自分自身にやさしくすることが、もっと当たり前になるように。

聞こえないふり、我慢してきたわたしの心身に耳を傾けよう。
わたし自身をいたわり、わたしの幸福のために行動しよう。
わたしを大切にする時間をもちましょう。

つくり贈る常備菜のリズムに込めた願い

自愛から慈愛へ

わたしへ贈りものをくり返すうちに、
だれかへ贈りものをすることが自然になっていく。

わたしからの贈りものを受けとっていくうちに、
だれかへ贈りものをしたくなる。

自愛から慈愛へ。
あなた自身を起点とした愛情の広がりを願っています。

つくり贈る常備菜のリズムの内容

毎週のルーティンを中心に、毎月のリズム内でのダイアログやNesto全体のギャザリングなどがあります。
常備菜づくりだけにとどまらない、出会いや気づきの機会があなたを待っています。

毎週のリズム

日曜日 | 17:00〜17:40

ルーティン(常備菜づくり)

日曜日の夕方に、ホストがリードしながらみんなで常備菜をつくります。

毎月のリズム

第4日曜日 | 18:00〜19:00

ダイアログ

毎月第4日曜の夜に、同じリズム内のネイバーズが集まり対話します。

毎月のリズム

第3金曜日 | 20:00〜21:30

ギャザリング

毎月第3金曜日の夜に、リズムの垣根を超えてホストやネイバーズが集まり対話します。

リズムの流れを詳しく知る

note記事で、つくり贈る常備菜のリズムのルーティンをわかりやすく解説しています。

ルーティンかんたん解説

常備菜づくりの流れ

つくり贈る常備菜のリズム

note記事を読む

各リズムの体験は
こちらから申し込みいただけます

Peatixで申し込む

つくり贈る常備菜のリズムのホスト

ホスト

薬膳料理研究家

ヤマグチヒロ

やまぐち・ひろ 10代の時に、友人の栄養問題による体調不良をきっかけに食の知識に関心を持ち、現代社会がもたらす様々な体調不良の原因となる『食の現実』を知る。それ以降、より人間が健康に幸せになるための『薬膳』という考え方による食生活の提案と研究活動を行なっている。現在は、企業・飲食店へのレシピ提供、商品開発、震災支援イベント、オリジナルブ ランドの薬膳温活ヴ ィーガ ンカレーの卸販売業などを手がけている。

ホストが考えるこのリズムの魅力
お野菜を切る音、油で食材を炒める音、ふわっと広がる優しい香りと食材が踊る音を楽しみながら1週間の始まりを数えるリズム。習慣化されたリズムの中で自分の本当に必要なものに気づく。この野菜が食べたかった、酸っぱいものが食べたかった、スパイスを摂りたかった、など♪わたしはわたしが食べたものでできている。明日からまた健やかに生きることができますように。自分へのリズムをつなぎます。

ホスト

料理愛好家

鈴木理恵子

すずき・りえこ 料理も含めた様々な活動を通じて、世界をより優しい場所にすることをライフワークと考えている。食にかかわるこれまで~現在の活動は、レシピ本12冊出版(うち7冊は外国語版あり)。英字情報誌に食コラム連載。企業向け商品・レシピ開発、飲食店プロデュース、子ども食堂事務局など。

ホストが考えるこのリズムの魅力
このリズムは、日曜日の夕方に自分の心身の声に耳を傾ける時間です。翌日からも健やかな自分でいられるよう、自分自身へ常備菜というギフトを。それを食べる時には、日曜日の自分への感謝を。過去、現在、未来の自分が贈り合う愛の循環が、社会全体で「愛を贈り合う」ことが当たり前なるスケールまで広がったら素敵ですね。

自愛を日常化する

つくり贈る常備菜のリズム

ヤマグチヒロ × 鈴木理恵子 ×

ご入会いただくには、
まず説明会にご参加ください

Nesto説明会へ申し込む