× 山 崎 繭 加 × 西 村 明 子

わたしを融かし、ありのままを導く

野草一会のリズム

草花とともに息づく暮らしをはじめませんか。
愛でる自分・鑑賞される花という主従関係を取り払い、
心をまっさらにして、
あなたのすぐそばにある美しさに気づき、ふれる習慣。
そんなごく素朴な一歩から、
まわりの世界と調和する自分を見つけ出しましょう。

わたしを融かし、ありのままを導く

野草一会のリズム

山崎繭加 × 西村明子 ×

毎週のリズム | 木曜日 12:20〜13:00

いけばな

野草一会のリズムで行うこと

一期一会を楽しむ

草花をいけることは、古えから愛される暮らしの中の創作活動の1つです。
「野草一会のリズム」ではまず、家のまわりを散策することからはじまります。
ふだんなにげなく通り過ぎている街路樹の下や道の隙間で生きる草花から、その日のあなたと目が合ったものを見つけ出しましょう。
そして、草花がいきいきとできる姿を見い出し、器へといけます。
毎週木曜、日が高く上る昼どきに、身近な自然とともに暮らす習慣を楽しみましょう。

野草一会のリズムが目指すもの

わたしを融かし、ありのままを導く

このリズムの「いけばな」は、型にはめた美の探求や、自己表現の場ではありません。
草花と静かに対話することを通して、彼らがもつ本来の美しさを引き出します。
わたしという主体を手放し、草花の命の輝きを引き出す透明な存在になる。
今日この瞬間にめぐりあえたあなたと草花が、融け合い混ざり合う。
そんな関係の中から生まれる美を見つけていきましょう。

野草一会のリズムに込めた願い

生かし、生かされる

「いける」とは、その命と対峙し、命を生かすこと。
同時に、あなたもまた自然に生かされているということを感じ取ることでもあります。
目の前にある野草という扉から、他の命や自然へと心を広げ、大きな世界の中に自分がいる感覚を取り戻していく。
そんな暮らしのリズムをもつことが私たちの願いです。

野草一会のリズムの内容

毎週のルーティンを中心に、毎月のリズム内でのダイアログやNesto全体のギャザリングなどがあります。
いけばなだけにとどまらない、出会いや気づきの機会があなたを待っています。

毎週のリズム

木曜日 | 12:20〜13:00

ルーティン(いけばな)

週の後半の昼どきに、ホストがリードしながらみんなでいけばなをします。

毎月のリズム

第4木曜日 | 13:00〜14:00

ダイアログ

毎月第4木曜日の昼に、同じリズム内のネイバーズが集まり対話します。

毎月のリズム

第3金曜日 | 20:00〜21:30

ギャザリング

毎月第3金曜日の夜に、リズムの垣根を超えてホストやネイバーズが集まり対話します。

リズムの流れを詳しく知る

note記事で、野草一会のリズムのルーティンをわかりやすく解説しています。

ルーティンかんたん解説

いけばなの流れ

野草一会のリズム

note記事を読む

各リズムの体験は
こちらから申し込みいただけます

Peatixで申し込む

野草一会のリズムのホスト

ホスト

華道家

山崎繭加

やまざき・まゆか 2017年に華道家として独立。「いけばなの叡智を共に探求する」IKERUを主宰し、いけばなの叡智から学ぶ個人向けのレッスンや組織向けのワークショップなどを展開している。それ以前は、マッキンゼー・アンド・カンパニー、東京大学、ハーバード・ビジネス・スクール(ハーバード大学経営学大学院)で働いていた。著書に『ハーバードはなぜ日本の東北で学ぶのか』(ダイヤモンド社、2016年)。東京大学経済学部、ジョージタウン大学国際関係大学院卒業。軽井沢在住。

ホストが考えるこのリズムの魅力
いけばなの起源は、美しい野草を暮らしの中でも愛でたいという人の願いだと言われています。現代の大都市であっても、よく見ると道路の隙間や街路樹の下などに野草があって、その美しさに気づくことができます。出会った野草をいける、といういけばなの起源に近づく「野草一会のリズム」を、みなさまとご一緒できたらうれしいです。

ホスト

いけばなの叡智をともに探求する人

西村明子

にしむら・あきこ 外資系コンサルティングファームの社長秘書を経て、ベンチャー・大手通信事業会社の人財開発部門のマネージャーを務めたのちに、2008年に組織・人財開発事業を行うアプランドルを創業し代表取締役に就任。ラーニングプロデューサーとして「学ぶ力を学ぶ」ための環境づくりを行う。2017年よりIKERU華道家の山崎繭加に師事し、IKERUの叡智を探求している。Gallup認定ストレングスコーチ、Certified Facilitator in LEGO®serious Play® based method Immunity to Changeファシリテーター。

ホストが考えるこのリズムの魅力
自己表現のための創作ではなく、花の声をきき、花の流れをいかしてそこに置いてみる。花と私の境界が溶け合うようなひと時を暮らしのリズムに。みなさんとともに楽しみながら続けていきたいです。

わたしを融かし、ありのままを導く

野草一会のリズム

山崎繭加 × 西村明子 ×

ご入会いただくには、
まず説明会にご参加ください

Nesto説明会へ申し込む